Skip to content

中古のトラックを高値で買取りしてもらうためのコツを教えます

中古のトラックを高く買取してもらうためには、自分が購入する場合に高い値段でも購入したいと思うような状態にしておくことが大切です。その状態とは、第一に年式が新しく修復歴などがないということです。年式が新しいとおうことはそれほど使用されていない可能性が高いので様々な性能が維持されていると考えられ、無条件で高値が付くことが多いものです。また、修復歴などがないことは大切に乗られていたという印象が有り、同様に状態が良いと考えられています。しかし、年式があまり新しくなく、また修復歴などが多少あっても場合によっては高く売ることができる場合もあります。一つは新車で購入しずっと乗っているワンオーナー車です。中古車として販売された実績が無く、希少価値が高い事が多いのです。又、新車購入時の書類や保証書が保管されていることもオーナーが大切に乗っていることを示すものであるため、高値が付くことが多いのです。

査定の前に洗車を丁寧に行う事が大切です

トラックはすぐに汚れてしまうためなかなか洗車をしないことが多いものですが、査定前には、洗車を出来るだけ丁寧に行っておくことが高値の査定を引き出すポイントになります。特に細かいところまで洗車をしておくと大切に乗っているという印象が高まり、査定額がアップするものです。一般的に査定は年式や走行距離で行います。トラックの場合には一般の乗用車とは異なり年式や走行距離による査定基準はないのですが、中古で販売することを考えた場合には年式が新しく走行距離が短い方が高く販売される傾向にあります。但し、走行以上に荷物の積み下ろしのしやすさや外観の印象なども販売価格に大きく影響するため、その点では綺麗な状態の方がより高く売る事がしやすいという傾向もあるのです。極端に年式が新しいよりもある程度走行して馴染んだものの方が運転がしやすいという話もあり、洗車をして綺麗な状態にしておくと高値査定が引き出しやすい傾向にあります。

売却の時期を選ぶと高値買取が望めます

中古トラックは3月から4月にもっともその需要が増えると言われています。その理由は運送会社などが新規企業や事業拡大を行うのがこの時期に集中するため、営業を行うための車両を購入することが多いためです。その為、販売店ではこの時期に備えて2月初めごろから買取を強化してより多くの車両を集めようとするものです。この時期買取店では出来るだけ多くの車両を揃える必要があるため、多くの車両の買取を行う傾向が有り、買取価格があがる傾向が有ります。普段では売主が断っても良い前提で査定額を提示することが多いのですがこの時期では出来るだけ多くの車両を入手したいことから普段よりも査定額を高く設定してくる買取店が高くなるのです。そのため、高く売れる時期を選んで売却することが非常に重要です。

自社工場を完備しているので、お客様のご希望のお車をお作りすることが可能です。 自社工場にて、トラックのカスタマイズと架装を承っております。 商用車や普通自動車、軽自動車などのトラック以外の車も取り扱っております。 モバイルサイトもあるので、外出先からも最新情報をゲットできます! 上野自動車は、全店300台以上の在庫を取り揃えるトラック専門店です。 中古トラックのことならお気軽にお問合せ下さい。