Skip to content

中古のトラックの後悔しない選び方を教えます

中古のトラックの後悔しない選び方には、走行距離を必ずチェックする、試験走行を依頼できるかどうかなどが挙げられます。大型の場合は50万kmまでなら問題なく利用できます。軽自動車のほうは丈夫にできているため10万kmを超えても乗車できる場合が多いです。あと、昔の機種によっては走行距離が10万kmを超えると0kmに戻る車もあるので、おかしいと感じたら製造年を聞いておきましょう。販売店によっては試験走行をさせてくれない所もあるので、その時は何か理由があると見ていいです。例えば試験走行した際にマフラーから黒い煙が出た際は、エンジンに何らかの不具合が生じている場合がほとんどです。そのため、試験走行が可能な店に行ったほうが無難と言えます。そして試しに走らせてみて、マフラーから白い煙が出る時は、今後も使用可能と判断できます。

走行距離と製造年を必ずチェックしておく

中古で販売しているトラックの中には、走行距離が10万kmを超えると、0kmに戻ってしまうタイプの物もあります。値段は格安に設定してあると思われますが、かなり昔の車種なので、車検も通らない可能性もあるため買わないほうがいいです。軽自動車のほうは、丈夫にできているので10万km程度なら十分利用可能です。走行距離が数万kmで製造年が悪くない場合は、値段によっては買いを決断すべきです。購入した後は車検をする必要がある場合がほとんどなので、その分のお金も用意しておきましょう。大型の場合は50万kmまでなら問題ないので、値段によっては買いを検討しても大丈夫です。運送会社で使われているタイプには、100万km近くまで利用している物もありますが、頑丈なのと手入れを常にしているのが長寿命の理由です。

販売店は試験走行をさせてくれる所を選ぶ

中古トラックで良いのを見つけて、販売店の店員に試験走行をさせてほしいとお願いしたとします。その時は店によっては試験走行をさせてくれないことがあります。理由としては、試験走行するとマフラーから黒い煙が出る、足回りに不備があることが発覚するなどが挙げられます。マフラーから黒い煙が出ている場合は、燃焼部分に不備が生じていることから、エンジンが不調の可能性があります。それに、真っ直ぐに走ることができない時は、足回りが劣化していると判断できます。なので、できる限り試験走行を依頼できる店を選んだほうがいいです。他の店で試しに走らせた時は、乗り心地だけでなくマフラーから出る煙を見ておきましょう。マフラーから白い煙が排出される場合は、エンジンの調子が好調な証拠です。購入すると長く使うことになるので、乗り心地も調べておくといいです。